前へ
次へ

買取りに出す物を判断するときは・・・

捨てるだけの物であれば買取りに持っていきます。
まだ使うかもしれない、捨てるのはもったいないと思う物はしばらく保管して1年くらい経った頃に買取りに出すことが多いですよ。
その時捨てようと思っても何かの機会に必要になってしまうことがあるからです。
物を捨てるには勢いも必要。
勢いがなければ私は物を捨てることができません。
昔から貧乏性で物を捨てることに罪悪感を覚えるのです。
それは現在も同じで、捨てたいと思っていても何年も捨てられずに保管してある物がいくつもあります。
服くらいなら保管場所を取らないのでいいですが電化製品は大変です。
保管場所にも困るし製品の劣化が気になります。
金属は錆びるし傷みも早くて目立ちます。
そうなってから買取りに出しても二束三文。
電化製品は早めに買い取りに出すほうが買取り金額がアップします。
服を買取りに出す場合は季節に合ったものが良いですね。
夏物なら暑くなる前に買い取り店へ持っていくといいでしょう。

Page Top